読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が購入するタイミング!ぶらんこの「お買い物」ならココがおすすめ~!キヨノサチコ

自分の子供に読ませます。読んでいる側も楽しいです。楽しみながら社会のルールを身につける事が出来たり思いやりを育てたり長〜く愛用されているのが判ります。

イマが買い時!

2017年04月02日 ランキング上位商品↑

ぶらんこ キヨノサチコノンタン ぶらんこのせて [ キヨノサチコ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

繰り返し読んで、譲り合いを覚えてくれたらうれしいです。可愛らしい絵で小さい子には興味を持って聞いてくれそうです。あまり本に興味がないのですが、これは結構好きなようで、よく眺めています。『ぶらんこのせて』は!ノンタンやウサギさん達の表情が!なかなか面白くて!読んでいる親も笑ってしまいます。その点は新しい物が届いて開けたときに残念と思いました。数を数えられるようになったので、文中の1.2.3...というところは一緒に声を出して読みます。この本が出版された時産まれた息子に最初に読んであげた本です。こどもが2歳の時に買って、もう何十回読んだか分かりません。このシリーズ沢山出ているのですね。。今年から保育園に通っている3歳の孫がノンタンが大好きになりました。3歳のお友達の誕生日プレゼントです。孫もきっと喜ぶと思います。1歳の子供はまだぼーっと見ているだけです。息子はよく意地悪をするので!ノンタンみたいに意地悪ばかりしたら!みんなに嫌がられるから順番を守ろうねって教えてます☆ 楽しみながら数も数えれるのでノンタンシリーズの中でも特に好きです♪自閉症児の次女(2年生)に買いました。子供の時に読んでもらっていた本です。こどもたちの大好きなノンタン。順番を守る大切さや思いやりを伝えながら!数字を読めるようになります。長い間人気の絵本ですね。どちらも3歳の子供には楽しいようです。自然に順番を守ることの大切さを教えてくれているような気がします。「1・2・3〜おまけのおまけの〜」をリズミカルに読むと息子がキャッキャッといって大喜びした事を思い出します。今は!サブストーリーの毛虫くん?に夢中で見つけては指をさして大喜び!子供が食いつく色々な要素が盛り込まれた!知育にとても有効な絵本だと思いました。ノンタンの絵本選びで迷ったら、まずこの一冊を読まれることを、お薦めします。リズムがいいので子供に読み聞かせもしやすい。それと!読みながら!自分が幼い頃にも読んでいたことを思い出しました。順番を譲らないノンタンがかわいくて!特にうさぎさんが二匹来た時のいじわる〜な表情が大好きです!子供はやっぱり数を数える所が好きで!大声で間違えながら10まで数えてます。それまですっかり忘れていましたが!ノンタンが長年愛される理由にきづかされました。カバーは結局取って使うかもしれませんが!届いたときにカバーがずれていて角にしわが入っていました。うちの子はほかに、猫じゃらしで遊ぶ「ノンタン こちょこちょこちょ」の好きです。昔からよくみる絵本で自分の子にも読んであげた事を思い出しました。まだ五か月の子供に買ったので反応のほどはわかりませんが、じっと見ています。他のシリーズも面白いですが、私が好きだった「ぶらんこのせて」と「ボールまてまて」を買いました。2歳の娘へのクリスマスプレゼントに。順番というイメージ(?)がわかりやすく!また意地悪なことをしないということも教えやすいです1・2・3〜と順番を数える場面が好きで一緒に数えてますたいていは!図書館で借りてますが!いつもあるとは限らないし!気に入っているようなので購入です(^u^)少しずつ!お気に入りの絵本を揃えて行く予定ですのんたんシリーズは!親も読みやすくて長さもちょうどいいので!私も気に入ってます☆そして!なにより送料無料ってありがたいです2歳4ヵ月になる娘に!ノンタン7冊目の購入です。子供はまだ字が読めないけどセリフを覚えて楽しんでいる。まだ買えて嬉しいです。名作です。お友だちとの順番を守らせるときに、このフレーズをいっしょに歌えば、自然に仲良く遊べるものです。今度は孫に読んであげようとおもっています。ノンタンシリーズでは個人的に一番好きです。同じものを息子(2歳)が持っているのですが!色々あるノンタンシリーズの中でもこれが一番好きなようなので選びました。1,2,3,…おまけのおまけのきしゃぽっぽ…リズムと絵が、とてもかわいい絵本です。赤ちゃん版との字の大きさを比較した画像を載せます。娘もノンタンシリーズは気に入っているようで!最近!本棚から全部取り出して!一人で声を出して読んでいます。描く練習の為注文しましたが届いて何か懐かしい気がしました。今度は孫に又読み聞かせようと購入しました。家に遊びに来てもノンタンの絵を描いてとせがみます。娘たちが小さいときに読み聞かせていた本です。息子はまだまだ宇宙語ですが、1〜2〜と手を叩いて数えています。